会員規定

1)種別
当法人の会員は次の2種類とし、正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)上の社員とする。
(1)正会員 当法人の目的に賛同し入会した者
(2)賛助会員 当法人の目的に賛同し援助するために入会した個人、企業及び団体

2)入会
正会員または賛助会員として入会する者は、理事会が別に定める入会申請書により申込み、理事会の承認を受けなければならない。その承認があったときに正会員または賛助会員となる。

3)入会金及び会費
会員は社員総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。

4)会員の資格の喪失
会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
(1)退会届の提出をしたとき。
(2)死亡したとき。
(3)正当な理由なく会費を1年以上滞納し、催告を受けてもそれに応じず、1年分以上納入しないとき。
(4)除名されたとき。

5)退会
(1)会員は別に定める退会届を当法人に提出して、任意に退会することができる。
(2) 前項にかかわらず、退会を申し出た会員について、理事会が定める会員に対する懲戒に関する規定に基づく手続が開始されている場合には、その手続が完了する までの間、当該会員は退会することができないものとする。また、当該手続において当該会員が除名された場合には、当該会員による退会の申し出はなされな かったものとみなす。

6)除名
会員が次の各号に該当するに至ったときは、理事会の議決により、これを除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。
(1)本定款及び理事会が定める規定、規則又は法令に違反したとき。
(2)当法人の名誉を毀損し、又は目的に反する行為をしたとき。

7)会員資格喪失に伴う権利及び義務
(1)会員がその資格を喪失したときは、当法人に対する会員としての権利を失い、義務を免れる。ただし、未履行の義務は、これを免れることはできない。
(2)当法人は、会員がその資格を喪失しても、既納の会費等及びその他の拠出金品は、これを返還しない。