ブログアーカイブ

新着記事
2018年12月03日 16時48分 投稿者:情報管理者
2018年11月29日 09時00分 投稿者:情報管理者
2018年06月01日 09時00分 投稿者:情報管理者
2017年06月09日 01時37分 投稿者:情報管理者
バックナンバー2017年06月(2)2018年06月(1)2018年11月(1)2018年12月(1)

お知らせ

「Webラヂオちよだ」神田駅ナカスタジオオープン!

神田駅ナカスタジオは、クレバーメディアを基盤に構築された「Webラヂオちよだ」の第一号スタジオです。広さは約一坪と小さく、天井からは電車が往来する音がかすかに響き、駅の雰囲気を感じながら落ち着いた空間で番組の収録を行う事ができるコミュニティスタジオです。また、家族や友人とともに「オーラルヒストリー」を語り、収録、放送することができるデジタルアーカイブの場としても使用します。


 
2018年12月03日 16時48分 投稿者:情報管理者
RSS2.0KML

クレバーメディア解説動画

クレバーメディアの2大機能(1)

いざという時に頼りになる「災害広報システム機能」

たとえば台風に備えて雨戸を締め切っていた日、たとえばマンションの部屋でエアコンを効かせ大音響で映画を楽しんでいた夜。もし、緊急に避難すべき事態が発生していたとしたら――。

過去の水害でも、暴風雨の音にかき消されて、せっかくの防災無線が聞こえなかった事例がありました。県外の勤務先にいて、自宅の被災をすぐに知ることができなかった人がいました。こうした反省から出発し、個人の情報通信機器として普及が目覚ましいスマートフォンを活用し「人々の手元に確実に届く防災放送」を目指して開発されたのが、インターネットを活用した「クレバーメディア」の「災害広報システム機能」です。
 

クレバーメディアの2大機能(2)

楽しみ方と可能性無限大の「Webラジオ機能」

クレバーメディアの活躍の場は、緊急時の災害広報だけではありません。平常時は、行政からのお知らせはもちろん、音楽番組、地域の情報、住民が参加して制作した番組などを放送する地域密着のWebラジオとして活用できます。

いわば、日本各地で注目されているコミュニティラジオ局のWeb版ですが、さらにネットメディアの特性を活かした機能が充実。文字情報や動画を表示することができるのはもちろん、多言語にも対応しているので、ハンディキャップをお持ちの方や日本語が苦手な方にも活用していただけます。

また、ラジオ放送は多チャンネルの中から選ぶことができ、ストリーミングも聴きなおしも自由自在。スマートフォンの中にダウンロードした自分の音楽ライブラリと組み合わせて再生することもできます。