熊本地震災害支援サイト

一般社団法人協働プラットフォームが展開する熊本地震災害支援公式サイトです

協働プラットフォーム活動記録

益城町災害FMアンテナ設置箇所確認立会い

本日午前中の益城町長との話し合いで、益城町全体の災害広報(災害FM、インターネットサイマル放送&携帯アプリ、情報サイト、避難所訪問広報等)及び、障がい者や独居老人等の訪問ケア等のマイノリティ支援の要請を協働プラットフォームが受託しました。

 
避難所になっている広中小学校のグラウンドが被災者や支援者の駐車場になっている4/26


 
駐車場に仮設置された発表スチロールの間仕切り 被災者に配布している模様4/26


 
板の状態で確保されている4/26


 
保健センター横の緊急支援車両4/26
 

 
保健センター前の炊き出しに並ぶ人々4/26

災害FMの開局にGOサインが出たことで、すぐに九州総合通信局から担当の方々が見えられ、アンテナ設置場所の確認と、機材とアンテナの設置工事を行いました。益城町広報課と共に協働プラットフォームのスタッフが立会いました。


 
九州総合通信局立会いで災害FMのアンテナ位置検討4/26


 
益城町は平地が多くロケーションは良い4/26


 
屋上室外機の目隠しの骨組みに設置することに決定 この後アンテナ設置工事が完了4/26

熊本の天気

寄付のお願い

H28熊本地震災害支援

このたび協働プラットフォームでは

1 避難者に対する情報支援と生活支援
2 災害ボランティアセンターでの情報支援


のために、寄付の受け入れ口座を設置いたしました。
 
みずほ銀行 大井町支店(121) 
普通  2192682 
一般社団法人協働プラットフォーム 
代表理事 長坂俊成
 
皆様の温かいご協力を是非よろしくお願い申し上げます。

CSR、プロボノを歓迎いたします

■「CSR」とは、「企業の社会的責任(きぎょうのしゃかいてきせきにん、英語:corporate social responsibility、略称:CSR)」のことで、民間事業者が広く本業を通じた社会貢献に加え、寄付や従業員による受援地域(被災地)でのボランティア活動などを行うことを言います。
■「プロボノ」とは、「公共善、公共の良きことのために」を意味するラテン語(Pro Bono Publico、プロボノパブリコ、略称:プロボノ)のことで、仕事を通じて培った経験や専門スキルを活かしたボランティア活動のことを言います。

活動マップ


これまでの活動

新着記事
2016年09月10日 19時25分 投稿者:協働P情報班M
2016年07月11日 00時13分 投稿者:協働P情報班A
2016年07月05日 15時35分 投稿者:協働P情報班A
2016年06月21日 15時56分 投稿者:協働P情報班M
2016年06月21日 10時03分 投稿者:協働P情報班M
2016年06月21日 10時01分 投稿者:協働P情報班M
バックナンバー2016年04月(14)2016年05月(12)2016年06月(6)2016年07月(2)2016年09月(1)